心に響く健康NOTE┃心臓ドックやPSG検査で体のSOSを察知

Doctor

肥満が招く無呼吸状態

睡眠時に起こる弊害

Doctor

「睡眠中に呼吸が止まることがある」「熟睡できず常に眠気が襲う」「いびきの音が大きい」こういった症状が見られる場合は、睡眠時無呼吸症候群の危険性があるかもしれません。最近メディアでも紹介されることが多くなった睡眠時無呼吸症候群は、現在200万人以上もの患者がいることが分かっており十分気をつけないといけない病気のひとつに挙げられます。

寝ている間だから注意が必要

この睡眠時無呼吸症候群の恐ろしいところは、意識状態がない睡眠中に症状が出ることです。特に呼吸が止まってしまうという状況は、1秒や2秒程度で1回しかないなら心配をすることもないでしょう。しかし、ほとんどの患者が数秒間で複数回の無呼吸状態が継続される症状に陥っているので、体に与える負担が大きく危険な状態です。また、熟睡できていない状態が継続される症状も、自動車を運転している時に急な眠気に襲われたり疲労が蓄積されたりします。これらの症状は、早い段階で治療を行い、健康な睡眠状態に戻すことが必要とされます。

原因と対策

睡眠時無呼吸症候群の原因は、就寝中に呼吸をする時に重要な働きをする気道が狭くなってしまっていることが挙げられます。これは日本人の骨格自体がそもそも気道が狭いという特徴をしていることもありますが、肥満体型にあることでさらに気道を狭めている可能性があります。これを解消するには、気道を広げる治療を専門医療機関で受けることや肥満体型を解消することがポイントです。